西藏金属板声屏障厂家

如图所示金属板

如图所示金属板

金属の表面にめっき等表面処理を施す場合、その処理に最も適した表面状態にするため様々な前処理方法がありますが、その中の機械的前処理法の一つにブラスト法があります。
ブラスト法とは、適当な大きさの粒状の研掃材を金属表面に叩きつけて、表面のスケール(酸化皮膜)や強固な錆などを機械的に除去、あるいは素地調整をする方法で、吹き付け加工法とも言われ、めっき前処理工程にて化学的または手動機械的に除去が困難な場合をはじめ多方面で広く利用されています。
また、これらめっきの前処理として金属表面調整を行う目的のほか、故意に表面を梨地・艶消しにする事で防眩性・光反射防止性などの機能特性を付与するケースも多くあり、主にデザイン的装飾分野で多く用いられています。

金属板的尺寸

当社が保有するブラスト装置とその特性等をご紹介します。

金属板压花机
研掃材 ガラスビーズ (ソーダ石灰:SiO2)
特徴
  • ガラスビーズを混合した液体を圧縮空気圧を利用してノズルから噴射する湿式ショットブラスト法です。
  • ガラスビーズの形状は球状で、粒径は150~250μmであるため凹凸がきめ細かく、梨地でありながら光沢味のあるソフトな仕上がりとなります。
金属板间电压
研掃材 金剛砂エメリー(酸化アルミナ:Al2O3)
特徴
  • 金剛砂エメリーを圧縮空気圧を利用してノズルから噴射する乾式ショットブラスト法です。
  • 金剛砂エメリーの形状は球状で、粒径はJISで定めるG120であるため凹凸がきめ細かく、梨地でありながら光沢味のあるソフトな仕上がりとなります。
河北木纹金属板
研掃材 スチールグリット (高炭素鋳鋼)
特徴
  • ドラム内に製品を投入し製品を攪拌しながらブラスト加工を行う方式。効率よく均一な仕上がりが可能となる乾式グリットブラスト法です。
  • 凹凸の多い複雑形状品や表面積の多い製品への大量処理に適しています。
  • スチールグリットの形状は三角錐状であるため、研削力があり、マットな仕上がりとなる事で梨地仕上げに適しています。
如图所示 水平放置的不带电的平行金属板
研掃材 スチールグリット (高炭素鋳鋼)
特徴
  • 製品を載せたテーブルが公転し、遠心力を利用しながらブラスト加工を行う方式。効率よく均一な仕上がりが可能となる乾式グリットブラスト法です。
  • 凹凸の多い複雑形状品や表面積の多い製品への大量処理に適しています。
  • スチールグリットの形状は三角錐状であるため、研削力があり、マットな仕上がりとなる事で梨地仕上げに適しています。